佐川地質館

令和5年度は月曜日も開館します。

新着情報

ブログ

吉野川の仁淀ブルー

吉野川の仁淀ブルー

大歩危渓谷の吉野川

大歩危渓谷の吉野川

この夏に、NHK BS1「COOL JAPAN」のスタッフの方から、「仁淀ブルー」は川底の緑色の石がもとなのではないかとの質問を受けました。

確かに仁淀川の上流域には、緑色片岩があり、下流になると緑色の凝灰岩や泥岩、そしてチャートなどの石があります。確かに、これらの緑色の石が仁淀ブルーのもとになっていることは十分考えられます。

もっとも、よくよく考えるとこれらの石は仁淀川だけにあるわけではありませんし、石だけが仁淀ブルーのもとになっているわけではありません。周囲の木々の色の写り込みも影響しています。実際に、吉野川も大歩危渓谷あたりでは綺麗な仁淀ブルーの川が見られます。私は色にはあまり詳しくありませんが、「仁淀ブルー」は、四国の大地と森林の産んだ色とも言えるのかもしれません。

ページトップ